FaceBook

アクセス数

  • 本日: 11
  • 昨日: 4
  • 合計: 159608

後援

  • びわ湖e-まち映像協議会
  • 滋賀県
  • びわ湖放送
  • 株式会社ZTV滋賀放送局
  • 合資会社ドットラボ
  • 有限会社ウエスト

協力/協賛

  • 安達雅哉オフィシャルBLOG
  • 健康バンド

様々なメディアを用いて地域社会を元気にすることを目指している学生プロジェクト

蚊とりボトル


よくメディアで見かける1年間に最も人間を殺している生き物ランキングで、圧倒的1位が蚊です。

10346_01

そこでどの家庭でも簡単に用意できる材料で作れる画期的な「蚊とりボトル」が紹介されていました。
仕組みはブラウンシュガー、イースト、水が混ざることで二酸化炭素が発生し、蚊をおびき寄せ、ボトル内に侵入した蚊は抜け出すことができずそのままボトル内で死んでしまうと云う単純な仕組みです。
皆さんも一度梅雨明け前に試されてみては如何でしょうか?

<作り方>

“蚊とりボトル”の仕組みは至ってシンプル。

<材料はこれだけ>

  • ペットボトル(1.5〜2.0lのもの)
  • 水:200ml(40℃ぐらいのお湯)
  • ブラウンシュガー:50g(砂糖でOK)
  • イースト:1g(ドライイーストでOK)

1、ペットボトルの口を切りとる。

10346_02

2、きれいな「水」と「ブランウシュガー」と「イースト」を入れます。

10346_03

3、切り取ったペットボトルの口を逆さに差し込んだら完成です。黒い紙やビニールで周りを覆うとさらによいです。

10346_05

あとは軒先や庭に置くだけで、注意点としては、雨水が入らないような場所、蚊の好む日陰の涼しいところに設置し2週間に1度ぐらいは衛生上交換したほうが良いそうです。

詳細ページ